デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2011/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルバイトにも優秀な人材は居ます。
アルバイトから店長へ、そして本部の管理職になる人ももちろん居ます。
正社員もアルバイトも最初は同じなのです。
どんな夢を持っているか、何が好きでこの仕事に入ってきたのか。
しっかり自己分析が出来る人はどんどん前に進んでいくでしょう。
言葉の巧みな人も居ますし、口下手で自己表現の苦手な人も居ます。
しかしそんなポジティブな意識を持っていれば、
必ず道は開けてきます。
そんな人材に道を道を示し、どんな障害物でも乗り越えられる能力を養って貰う事。
これは経営者の一番の仕事かもしれません。

アルバイトにも向上心のない人も居ます。
アルバイトだから時間分働きたい人も居るでしょう。
将来は別の夢を持っていて、今お金を稼がなければならない人も居るでしょう。
でもアルバイトとしていざ店舗に関わったら、
やはりその時間は有意義に働いて貰いたいものです。

しっかり役割分担を考える事も大事な戦術です。
アルバイトだけで回している店もありますし
社員メインで売り上げを伸ばしている店もあります。

調理の出来ないアルバイトだけで
冷凍食品だけの店舗という荒業もあるかもしれません。
原価は上がっても人件費を抑え利益が出すという考えです。
しかし一般的には調理は社員で、接客をアルバイトに任せるのがよくある形です。
しっかりした味、盛り付け、飲食店としての基本は間違いないと思います。
しかし、それが客の口に入るまでにはサービスの人の手を経ていきます。
客の一番近い場所にいるのがサービスなのです。

どんなに美味しい料理でも
どんなに美しい盛り付けでも

それが美味しそうに運ばれてこなければ
それが美味しそうなタイミングで運ばれてこなければ、

全てが台無しになってしまうのです。
アルバイトに何が出来るのか?
そんなテーマで書こうと思いましたが、
アルバイトこそが店の顔になるんだと
そんな気持ちで接客教育をしなければならないでしょう。
人と接する事
コミュニケーション能力はどんな仕事でも大事な要件です。
アルバイトが将来飲食事業に携わらなくても
必ず必要になる大事な能力です。

どうか、アルバイトの人も飲食店オーナーも
アルバイトだから、とか
社員じゃないから、とかではなく、
店の顔として接客して貰えるようお話しいただきたいものです。

頑張れ アルバイト!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。