デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲食店の法規はいろいろあります。

営業許可は保健所ですね。
防火管理は消防署。
深夜飲食の許可は警察署。

でもまずは
内装工事の法規のお話から。
基本的に消防と建築です。
管轄の消防署の予防課、
役所の建築指導課が窓口です。
用途変更や増築等がなければ
消防との打合せで済むと思います。

内装工事、インテリアデザイン、
今までは結構いいかげんでした。
法規を無視した工事も行われてきましたし、
中にはとんでもない工事をする業者も居ました。

最近はモラルも社会的にも法令遵守が浸透してきて
法規にのっとる事が当たり前として語られる
いい情況になっています。

そうはいっても建築の躯体が建築基準法の前の建築だったり
何度となく改装するうちに法に触れる状況になっていたりという
危ない物件もまだまだ沢山あります。


基本的に建築物は「建築基準法」あるいは
建築基準法施工令・施工細則、
東京ならば東京都安全条例などの
地方の条例などの法規がかかります。
更に消防法、火災予防条例等

・この場所にこの業態が可能かどうか。
・この建物にこの業態が可能かどうか。
・この階にこの業態が可能かどうか。


・この場所に・・・

まず第一に自分の店が出店できるかどうか。
その判断をします。
通常はご近所さんに同じ業態があれば
間違いなく可能だと思いますが、
同じ業態で競合する意味があるかないか。
気をつけなければいけないのは
風俗営業法に関わる様な業態、
旅館業法などに関わる業態は要注意です。
通常の飲食店であれば、
まったくの住宅地でなければまずは大丈夫です。


・この建物に・・・

よくあるのはオフィスビルに飲食を出店。
あるいは物販ビルに飲食を出店。
これは業態が変わるので用途変更という確認申請が伴います。
それによって大きく建築をいじらなければならない場合も有ります。
それは貸主側に確認しましょう。
「飲食店として借りれるのですよね?」
インフラもそれによって変わってきます。
電気・ガス・水道等が飲食店向きになっているかも確認してください。


・この階に・・・

階によっても制約がある場合があります。
一番は地下室の場合、
地下は排煙窓がなければ飲食店は出来ません。
地上階ならば告示で不燃で仕上げる等の緩和がありますが、
地下室は排煙窓を取る事が前提です。
排煙窓があるかないか?
地下室の場合は大事な要素になりますので確認を必ずしましょう。
高層階の場合も制約があります。
しかし高層階の建物は建築もしっかりしていますので
貸主及び建築会社に条件を出してもらってください。



・排煙がとれているかどうか。
・避難導線が取れているかどうか。
・厨房機器の配置と避難の関係
・消防設備が整っているか。
・避難設備が整っているか。

基本的には人的災害の回避が前提です。
常識的に考えて、火災の時に問題がありそうな
そんなレイアウト以外は基本的に平面計画上の制約はありません。

避難口から火気使用機器までの距離を確保しなければなりません。
客席の面積によっては通路幅員に制限が出てきます。
また収容人員によって消防設備が変わってきます。
消火器、火災報知設備、避難器具、スプリンクラー設備
屋内消火栓設備、非常放送設備、などなど
規模と構造によっていろいろな設備が必要になってきます。
厨房設備の量によってまたその設備が変わってきます。

計画の大枠がまとまったら、
早めに消防署へ事前打合せに行きましょう。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。