デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お店の開業には内装工事が必要です。
それ以外にサイン工事も要ります。
もちろん建築工事から行う場合もありますが、
一般的な内装の場合のお話を少し。


居抜きの場合は別として、
一般には現状渡しの場合、
解体工事から入ります。

これも産業廃棄物の処分費が今は結構な金額なので、
できれば「スケルトン渡し」での契約が望ましいですね。

内装工事の見積を見ると

□仮設工事
これは工事をするための養生や仮設、
あるいはクリーニングなどが含まれます。

□組積工事
厨房やトイレの防水をするためのブロック積みなど

□左官工事
防水の下地やタイル、石などの下地、
あるいは壁や床の材料によっては珪藻土や墨モルタルなどが含まれます。

□タイル工事
タイル仕上のある場合はタイル屋さんが入ります。

□石工事
石の仕上のある場合は石屋さんが入ります。
規格の薄い石の場合はタイル屋さんが貼る場合もあります。

□軽量・ボード工事
LGSと呼ばれる軽量鉄骨で間仕切りや外壁面の内側に下地を作ります。
その上に石膏ボードやケイカル板などを貼る工事です。

□木工事
大工さんが行う床の下地や天井の取り合いドアの枠周り
カウンターの下地などなど。

□家具工事
置き家具や作り付け家具、レジ台、サービスステーション、椅子、テーブル等

□金物工事
厨房周りのステンレス貼りやフード、入り口の庇や手摺、化粧の金物も含まれます。

□木製建具工事
入り口のドアやトイレのドア、収納の扉など家具扉以外の建具は建具屋さんの仕事です。

□金属建具工事
外部に面していたり、防火扉の必要のある場所等、金属の建具を入れる個所もあります。

□塗装工事
壁や天井の仕上や木部の仕上を行います。
塗装屋さんの腕次第で出来栄えも大違いです。

□雑工事
サインやディスプレイ、その他いろんなものをここで見ます。
細かい雑物の確認はここで行います。

□防災工事
避難器具・誘導サイン・消火器・その他消防設備に関わるものの工事です。

□厨房工事
いわずと知れた厨房機器の工事です。
厨房機器はなるべく絞り込んで店の規模を考えて選定しましょう。
調理人の使いやすい事は大事ですが、
それを優先すると過剰設備にもなりますので要注意です。

□ガス工事
給湯器や厨房のガス設備の工事です。

□給排気設備工事
店内の換気、厨房の排気と給気設備の工事です。
給排気設備をしっかり行わないと店内がモクモクということも・・・。

□空調設備工事
エアコンの工事です。店内の冷暖房はもとより、
場合によっては厨房に冷房専用機を入れることもあります。

□給排水設備工事
水道、お湯の工事と排水の工事です。
効率のいいレイアウトじゃないとお金が余計に掛かります。

□電気工事
照明・厨房機器などの電源、コンセント、BGMやレジなど
電気工事は機能の要です。

□経費
会社経費と現場経費があります。
現場を進行するために必要な経費と会社の利益も必要です。

まだまだ工事内容によっては項目も増えますが
大体こんな感じです。
どれも無くせませんが予算を削る場合は工事項目自体を減らさないと
なかなか減額できず苦労します。
いろんな人が工事を分担して一つの店を作ることになります。

材料費もありますが人件費の比率が多いので
手戻りの無い様に工事期間中も
進行に合わせて打合せをする事で無駄な手間を減らしましょう。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。