デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性客が沢山居ると店は華やかな雰囲気になります。
賑やかさが呼び水になって益々客が増えるかもしれません。

もちろん業態にも寄りますし、
どんなターゲットの店にするかによって違いますが。

女性客をターゲットにすれば、
男性も連れてくるし、男性も増えてくる。
そんな話もありました。

しかし、女性ばかりで男性が入りにくく
更に女性は金銭感覚もシビアですから、
財布の紐も固く多くを落としてくれない。
そんな話も聞きます。

大酒飲みの女性ばかりではありませんし、
飲食費にお金を使う事だけでなく
ファッションにも旅行にも、
いろんな嗜好を持つ女性が多いですから
一緒に来てくれる男性がフォローしてくれる状況以外は
結構シビアなお客さんともいえるかもしれません。

では男性はどうでしょう。
男性の飲み代は・・・
やはり、安いに越した事はありません。
もちろん沢山飲む人もいますし
美味しいお酒を飲めればという人もいます。
でもやはり安いに越した事はないのです。

男性も女性も
飲み代、食事代として満足できる価値基準は違いますが
同じ様に満足感を持ってリピートしてもらう様に考えると
やはり、「安かった」
この満足感は大事な事かもしれません。
金銭的に安かったという事ではなく、
相対的に安かった。
満足度が高かった。
それしかないのかもしれません。

女性の満足感、
男性の満足感。
それぞれ基準が違いますし、
同じ女性、同じ男性でも
それぞれ基準は違います。

みんなに満足してもらえる事、
それはターゲットを絞ったにしても
考えなければならない大事な事だともいます。

大酒のみの人には安く沢山提供できるものがあること
美味しいお酒を飲みたい人にはいい酒が提供できる事
安く済ませたい人にはお腹一杯になるメニューも必要かもしれません。
のんびり時間を過ごしたい人には
ゆっくり出来る空間も必要かもしれません。

その中でみんなが満足できるよう
男性、女性に偏らないバランスが大事かもしれません。

男性客、女性客、男女のカップル。
それぞれがどこかで満たされる事は必要な条件かもしれません。


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。