デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店を開業したいという夢を実現する。
夢の実現への一歩。
自分の店を持ち、自分のスタイルで、
自分の自由に仕事がしたい。
誰に束縛される事もなく、
嫌な客など相手にしないで、
好きな時間に好きな様に・・・

店を持つ夢は
長く飲食事業に携わっていた方が独立する場合と
まったく経験がなくても、脱サラなり転職を機に
という場合もあると思います。

飲食事業に従事していた人は現実も知っているはずです。
店を持つということは、
やはり事業者になることなので
いろいろな煩雑な事を多々こなさなければなりません。
その煩雑な事はさて置いて、
夢の実現へのもう一歩を考えましょう。

「自分の店」

どんな店でしょう。
食べさせたい得意な料理がある?
美味しいコーヒーを飲ませたい?
いい音楽を聞かせて、居心地のいい時間を過ごしたい?
うんと儲かる店をやりたい?
夜の店をやりたい?
昼間のカフェをやりたい?


どんな業態の店を考えてますか。
まずは夢を語りましょう。
デザイナーはどこからスタートするのか。
そう話を聞いて何をやりたがっているのか。
それを分析して、それならこういう空間がいい。
そういう提案をするのです。
もちろん、こんな空間の店をやりたい。
そんな明確なイメージを持っている人もいる。
ただ焼き鳥屋をやりたいんだ。
すし屋をやりたいんだ。等、
業態しか決まっていない場合も多々あります。
それも不明確で
なんとなく店をやりたい。
という事はめったにはないと思いますが、
そこはまず良く考える事だと思います。

何をやりたいのか。

業種業態でもいいし、
レストランビジネスとしての収益性でもいい。
空間イメージでもいいし、
場所イメージでもいい。
とにかく考える事。

自分は何をやりたいのか。

それはだれも助ける事は出来ない部分だから。
店を持つ夢をもったら、
次はどんな店か想像してみましょう。
それからその店についていろいろと考えましょう。

何を考えたらいいのか?

やりたいことが見つかったら
そこに向かって進む方法はいろいろあります。
頭の中でイメージした自分の夢。
それをず~ッと忘れないでいろんな話を聞いてみましょう。

途中で軌道修正する必要もあるかもしれません。
でもまずは今一番やりたい事を思い浮かべて次に進みましょう。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。