デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんは食事をしたりお酒を飲みに行く時、何を目的に行きます?
「食事に行く」「お酒を飲みに行く」だから
目的は空腹を満たすため、あるいは酔うため、???
でも空腹が満たされればなんでもいいのでしょうか。
酔っ払って気持ちよくなればなんでもいいのでしょうか?

やはり美味しい物を食べたいし
美味しいお酒を飲みたい。

この「美味しい」という概念が実はなかなか難しい。

「美味しい」は千差万別、外国に行ってその土地の
美味しいと云われる物を食べてがっかりと言う事もあります。
「お口に合うか・・・」と日本人の奥ゆかしさでやんわりと表現されたり。
「美味しい」はその人の実体験の上に成り立っている感覚的なものです。
もちろん万人に受け入れられる味もありますし
何度も味わううちに離れられなくなる味もあります。

しかも同じ「味」でも体調や環境によって感じるものが変わってくることもあります。
空腹であればなんでも美味しいし、
満腹であれば何を食べても空腹の時よりも美味しさを感じないものです。

きっと自分の店を持ちたいと言う人は
そんなただ空腹を満たす場所、酔うための場所を考えているのではないでしょう。
美味しい食事をし、美味しいお酒を飲んで満たされた時間を過ごしてもらう。
そんな幸福感に対して対価をお願いする。
それが飲食店ビジネスの一番のポイントでは無いでしょうか。

そんな満足にはやはり、一に「味」、二に「サービス」、そして三に「空間」
と私は考えています。
もちろん、頑固親父のいる店で客を客とも思わないわがまま店主だけど
無茶苦茶美味い店もあるでしょう。
妙にサービスが行き届いていて一生懸命だけど、味が普通の店もあるでしょう。
同じように無茶苦茶格好いいけれど味もサービスもいただけない店もあります。
でもこの中で残るのはやはり無茶苦茶美味い店程度です。
それでも熱心なファンだけでしょう。
格好いいデザインの店なんてデザイナーかメディアの人の目に留まりますが
どんどん新しい店が出来ますから、それだけでずーっと客が来る事は無いと思います。

それよりは、ホスピタリティ溢れる空間で
味とサービスを引き立てるデザインを持っているか。
その事の方が大事な要件だと思います。

デザインがいいから客が来るのではなく
味とサービスを引き立たせるデザインだから満足度が高い。
つまり味とサービスが確立されていなければ
デザインは意味を失う事になります。

そういう意味ではデザイナーとよく話をしなければいい空間を創る事は出来ないでしょう。
どんな料理で、どんなサービスをしたいのか。
どんなお客さんにどんな満足を与え、次回何を求めて来訪して貰えるのか。

店の内装にも関心を持ってください。
お客さんは味だけを求めて来るのではありません。
その店主のこだわりを、もてなしの心を感じて満たされて帰るのです。
いいデザインだから客が来るわけじゃなく
いい店だから来るのです。
いい店=「味」+「サービス」+「空間」
空間はデザイナーが勝手に創るものではなく、
店主のこだわりを形にするのがデザイナーです。
どんな店にするのか、どんな満足を考えているのか
デザイナーを上手く利用してください。
違った目線から「店主のこだわり」を引き出してくれるかもしれません。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tenpostart.blog16.fc2.com/tb.php/21-6616c374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。