デザイナーとしての立場から、 店舗開業のいろんなお話をしたいと思います。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこで開業するのか?

これはすごく大事な事です。

住まいの近く?
我が町の繁華街?
有名繁華街?
住宅街?
都心のターミナル?
ベットタウンの駅前?

いろんな場所があります。
自分のテリトリーで
友人知人が来てくれそうな場所。
これはある程度の集客が見込める事はありますが、
友人知人に頼っていてもダメです。
店長が友人知人と仲良く話している店は
一般の客は来なくなります。

我が町の繁華街。
繁華街の調査をしてみましょう。
自分がやりたい店が他にあるかどうか。
競合店調査です。
我が町の駅をどんな人が利用しているのか?
退社時間にそこで飲食するか?
隣町の店の沢山ある場所に移動するのか?
帰宅時間に家に帰る前に一杯飲むのか。
人の動向を見てみましょう。

有名繁華街。
これは人は沢山います。
ただし、やはり同じ様な店がいくつあるか?
その中で独自性(味やサービスなど)を出せるか。
有名繁華街でも一本通りが変われば
人の流れは全然違います。
そして家賃も違います。
繁華街は周辺の店の業種によって
来る人も全然違います。
そしてそれはどんどん変化していきます。

住宅街?
これは、ビジネスとしては中々難しいかもしれません。
ただ家賃がなかったり、
趣味の店を出したいということならばありかもしれません。
住宅地にある蕎麦屋
一日客数を制限して、
こだわりの食事を出す。
これもありですが、これは飲食ビジネスとは
別の視点で考えましょう。

少し離れても都心のターミナル駅
これもサラリーマン・OLの動向調査をしてみましょう。
もちろんターゲットによって全然違いますから
やりたい店のターゲットの動向を調べます。

ベッドタウンの駅前?
これもターゲット次第です。
帰りの駅から家までの間に飲むのか
帰ってから飲みに出るのか、
食事がメインなのか、など等

そうお気づきだと思いますが
やはり業態、ターゲットによってどこに出すかは
全然違うものになるんです。
たまたま安く借りられる場所があった。
そこで何をしようか?
その場所で儲かるビジネスを考える。
そういう場合もありますが
初めて店を持つ人には危険です。

やはり自分のスキルが生かせて
楽しめる業態をどこに出すか。
そう考えた方がいいと思います。

やはりどんな店を出すか?
その店ならばどんなお客さんがターゲットなのか?
そんなお客さんが沢山いそうな場所はどこだろう。

それがどこでやるのか?の
第一歩だと思います。

こんなところに店があるけど誰が来るんだろう?
そんな店も結構あります。
そこを流行らせるのは、
宣伝と口コミです。
お店の特徴があって、
わざわざ来る店としてどこまで宣伝できるか?
来たお客さんをどこまで楽しませ、
何度も足を運んでもらう事が出来るか。
飲食店を何度も開業している人には
すごく楽しい仕事ですが、
初めて飲食店を開業する人にはちょっとハードルが高い。
ここはやはり業態とターゲットに見合う場所を探しましょう。


 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。